三線の型について


三線の棹には様々な形があります。人気なのは『真壁型』や『江戸与那型』でしょうか。
型こだわりを持っていらっしゃるお客様、逆にいろんな種類の型を持ってみたい、というお客様もいらっしゃいます。
型を基本に古典用に少し太い棹、手が小さい方は少し細目の棹、といったアレンジが出来るのも手作りならではです。
どんな型があるのか、それぞれの型を参考にしてみてください。


南風原型

もっとも古い型といわれています。
南風原型という名称は『球陽』の1710年の記事に「住昔の世、素、三絃を製す。…」とあり、三線作りの名工『南風原』の名に由来します。
棹は細目で、天の曲がりが少なく、野坂は大きく曲がり、野丸は半円形です。野丸と鳩胸の区別がほとんどできません。
この型は、拝領南風原型、翁長親雲上型の二つにわかれます。
南風原型


(沖縄県文化財調査報告書 第110集より)

より高音が響くタイプです


知念大工型

1710年、三絃匠主取に任命された知念の作といわれています。太棹です。
天の曲がりは大きく、中央にかすかに盛りあがった稜線があります。天面も広いです。
天と鳩胸は盛りあがっており、野坂は短く、野丸は丸味をおびています。野丸から鳩胸にかけて、
中央には天面同様かすかに稜線があります。
知念大工型


(沖縄県文化財調査報告書 第110集より)

全体的にまんべんなく響くタイプです。

知念大工型作品はこちら


久場春殿型

久場春殿の作といわれています。南風原型の系統です。
沖縄の三線のなかでも、もっとも太目の棹です。
天の曲がりは小さく、薄手です。棹は上部から下方へ次第に太くなり、野丸と鳩胸の区別がほとんどできません。
心のつけ根には、階段(一段)がほどこされています。
久場春殿型


(沖縄県文化財調査報告書 第110集より)

高音が響くタイプです。


久場の骨型

久場春殿の作といわれています。
棹がもっとも細く、久場春殿型とは対象的です。南風原型をひと回り小さくしたような感じです。
野丸と鳩胸の区別がほとんどできません。
横から見ると、クバ(ビロウ)の葉柄に似ているところから、この名がつきました。
久場春の骨型


(沖縄県文化財調査報告書 第110集より)

高音が響くタイプです。


真壁型

名工といわれた真壁の作といわれています。 棹は細目です。天は中弦から曲がり、糸蔵が短くなっています。
三線の型のなかで、もっとも優美といわれています。
「開鐘」とよばれる名器は、真壁型に限られています。
夜明けにつく寺院の鐘のことを開鐘(あるいは開静鐘)といい、夜明けの鐘は遠くまで響きわたるので、それにちなんで、
真壁型のすばらしい音色をもつ三線のことを「開鐘」と命名したと伝えられています。
宇根親雲上型は、真壁型に属します。
真壁型


(沖縄県文化財調査報告書 第110集より)

今一番ポピュラーで人気のある形です。高音、低音まんべんなく響きます。

真壁型作品はこちら


平仲知念型

平仲の作といわれています。
棹は細目ですが、鳩胸には丸味がありません。
天はわん曲が大きく、中央はやや盛りあがっていて、丸味をおびています。知念大工型の系統のようです。
なお、この型の存在については、今後検討する必要があります。
平仲知念型


(沖縄県文化財調査報告書第110集より)

高音低音まんべんなく響くタイプです。


与那城型

真壁と同時代の人だといわれる、与那城の作と伝えられています。通常「ユナー(与那)型」と称しています。
棹は太目です。野面が糸蔵の端まで一直線です。天は糸蔵の先から曲がり、範穴はやや下方に開けられています。
糸蔵は長く、鳩胸も大き目です。
この型は、小与那型、江戸与那型、佐久川の与那型、鴨口与那型の四つに分かれます。
江戸与那型の心の側面には大小三つの穴が穿てあります。
与那城型


(沖縄県文化財調査報告書 第110集より)

より低音が響きます。江戸与那型は糸蔵が縦に長く女性的な雰囲気があります。

江戸与那型作品はこちら




inserted by FC2 system